< ミュゼプラチナム >

2017年11月 全国店舗一覧
両ワキ+Vライン通い放題が100円(税抜)


< 脱毛ラボ >

2017年11月 全国店舗一覧
全身48ケ所おためしプラン、月額1,990円が14ケ月無料



< KIREIMO >

2017年11月 全国店舗一覧
顔脱毛を含む全身脱毛33カ所が今だけ初月0円
ハンド脱毛が無料体験キャンペーン中!


< ジェイエステティック >

2017年11月 全国店舗一覧
4つの部位合わせて、美肌脱毛300円(税抜)。 両ワキ完了+選べる3部位



< シースリー >

2017年11月 全国店舗一覧
全身53パーツ脱毛完了後、永久メンテナンスコースが月額5,800円(税込)


< アリシアクリニック >

2017年11月 全国店舗一覧
VIO付き全身脱毛(8回)+全顔脱毛(2回)2カ月0円、以降月額9,100円(税込)

健康大陸.com > 脱毛ケアでキレイの総仕上げ > え、ストレスで毛が増える?



薄毛になるんじゃないんですか?

ハゲというのは差別用語にあたるそうです(もう使ってしまいましたが)。 朝から晩まで、もう〜、ヤな上司にこき使われ、ストレスで髪の毛はバサバサ。肌は荒れ放題。お通じもない。

加えて、毛が増えるとまでいわれた日には、どこかへ山ごもりでもしたい気分になるかも知れません。
ストレスの多い生活だと薄毛になるんじゃないのといわれそうですが、こと女性に関しては男性と少しばかり事情が異なるようです。

男性でテカっている人をみると、この人は相当ストレスで、きているのではないかという感じがしますが、実は男性の場合、前頭部及び後頭部の焼き畑状態(失礼、頭部における無秩序状態、あるいは非統制化における混乱状態、いや、これもどうか、ともかくハゲという言葉は使わないようにしよう、あ、使ったか)、あるいは円形脱毛症は確かにストレスが誘引の一つではありますが、直接的な原因ではないといわれます。

じゃあ、あなた、なぜ女子だけがストレスの影響で、毛が濃くなったりするのよ、それって不公平でしょ、とスリッパで叩かれそうですが、実はこれは、女性ホルモンが関係しているからなのです。

この女性ホルモンと毛の関係の話の前に、男性ホルモンと女性ホルモンが担っている毛の生育部位についてご説明しましょう。

男は座して○ゲを待つだけなのか

頭髪や体毛の成育については、体内のホルモンが関係していますが、頭髪は女性ホルモンのエストロゲンが、ワキ毛や陰毛、うぶ毛などは男性ホルモンのアンドロゲンが関係しています。

ただ、悲しいかな、この男性ホルモンのアンドロゲンは、男性が成人になった頃から、無慈悲にも前頭部の毛髪の接着を弱めるように働きますので、男性の前頭部は秋の枯れ枝のように次第に淋しくなっていきます。さらにこのアンドロゲンの忌まわしいところは皮脂腺を開き、皮脂の分泌を高めることです。

というわけで、男性はこうしたアンドロゲンの働きで、年齢とともに頭部は寒々しくなり、顔は脂でギラつき、他人に何をいわれようが知ったこっちゃない、我が道を行くといったふうな感じになります。

一方、女性ホルモンのエストロゲンはどんな感じかといいますと、頭髪に関わっていますので、男性と違い頭部が不毛になるということはありません。また皮脂腺も狭める働きがありますので、顔が脂ぎるということもありません。毛穴も狭く、毛は細くなります。

こうしたそれぞれのホルモンが、男性の頭部にテカりを、女性にしとやかさをもたらすことになります。

女性を襲う人生で3度の多毛化の荒波

それでは、なぜ女性はストレスで毛が濃くなるのか(多毛化)、ということですが、ストレスが増えると交感神経が緊張します。これにより自律神経のバランスが崩れ、ホルモン分泌のアンバランスが生じます。

女性ホルモンは頭髪の育成や体毛の成長を抑制しますが、ストレスでホルモン分泌のバランスが乱れるとこうした体毛の成長の抑制がきかなくなるということです。

つまり、多毛化が起きるということになります。といってもヒマラヤの雪男のように体中が毛だらけになるわけではありませんし、ストレスの感度も人それぞれで違います。かように、ストレスでホルモン分泌が乱れ、多毛化という現象が生じがちというわけです。

と、ここまでは、ストレスによる多毛化の話ですが、実は、女性には、こうしたストレスとは関係なく多毛化を経験する時期が人生で3度あるといわれます。

それが、ホルモンのアンバランスが起きる時期、
つまり、< 思春期 >< 妊娠期間中 >< 更年期以降 >です。

<思春期><妊娠期間中>の多毛化は一時的なもの

< 思春期 >には男女ともにワキ毛や陰毛が生育します。これには男性ホルモンが関係しますが、女性もこの時期、副腎皮質ホルモンの影響でそうした部位の体毛が発達します。

そしてこの時期、女性はまだ卵巣からの女性ホルモンの分泌が十分でないこともあり、多毛化が起きやすくなります。

次の多毛化の第2波は< 妊娠期間中 >です。この時期、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌によりエストロゲンの分泌が抑制されますので、多毛化が進みます。

しかし、この< 思春期 >< 妊娠期間中 >の多毛化は一時的なもので、通リ過ぎるのを待っていれば良いともいわれています。実は、問題なのが第3波の< 更年期以降 >なのです。

<更年期以降>が人生で最大の多毛化の波

これが女性にとっては人生で最大で最後の多毛化の大波となります。
まず、この時期、女性は社会的にも責任のある立場につくようなり、ストレスも増えます。そうなると、ホルモン分泌のアンバランスが生じます。加えて、この頃から、女性ホルモンの分泌の減少ということがあります。

ストレスで体が多毛化するだけでなく、女性ホルモンの減少で頭髪が薄くなるということにもなりかねません。

とはいえ、男性の場合は、悲しいかなストレスなどなくとも、男性ホルモンのおかげで、始終、頭髪の衰退という脅威にさらされているのです。女性は更年期以降の大波をどう対処するかということですから、それまではともかくストレスに負けず頑張っていきましょう。


健康大陸.com