< ミュゼプラチナム >

2017年11月 全国店舗一覧
両ワキ+Vライン通い放題が100円(税抜)


< 脱毛ラボ >

2017年11月 全国店舗一覧
全身48ケ所おためしプラン、月額1,990円が14ケ月無料



< KIREIMO >

2017年11月 全国店舗一覧
顔脱毛を含む全身脱毛33カ所が今だけ初月0円
ハンド脱毛が無料体験キャンペーン中!


< ジェイエステティック >

2017年11月 全国店舗一覧
4つの部位合わせて、美肌脱毛300円(税抜)。 両ワキ完了+選べる3部位



< シースリー >

2017年11月 全国店舗一覧
全身53パーツ脱毛完了後、永久メンテナンスコースが月額5,800円(税込)


< アリシアクリニック >

2017年11月 全国店舗一覧
VIO付き全身脱毛(8回)+全顔脱毛(2回)2カ月0円、以降月額9,100円(税込)


6:脱毛に最適な季節

語り:荒原 文(美容ライター)

脱毛のベストシーズン!(^o^)

女性が脱毛をする最大の理由は「ツルツルすべすべな美肌を手に入れたいから」ですが、タンクトップやノースリーブなど肌を露出する春夏シーズンより秋冬シーズンのほうが実は美肌を育みやすいのです。その理由は大きく2つ。今回はなぜ秋冬が脱毛シーズンといわれるのかについて、解説します。

理由その1:紫外線のトラブルが激減する

秋冬は日照時間が短くなり紫外線量も減りますので、誰もが日焼けの問題が少なくなります。美肌にとって一番の敵は紫外線ですが、これは脱毛にとっても大敵です。紫外線はシミの原因になるだけでなく、肌のキメが乱れる、乾燥が進む、乾燥やたるみ・シワの原因にもなります。

紫外線をたっぷり浴びた春夏の肌は、秋冬に比べて状態が優れません。さらにここ数年の日差しはとても強く、どんなに気をつけていても誰もが秋冬より春夏のほうが肌状態は優れにくいのです。特に脱毛をする前後は、どのサロンであっても日焼けを問題視します。

日焼けをしていては脱毛はできませんし、脱毛後の日焼けも厳禁です。それほど脱毛と紫外線は密接に関係しています。多くの女性はなぜそれほどまでにうるさくいうのだろう?と感じるでしょうが、脱毛の効果を上げるためにも、肌が日焼けしていない、肌を日焼けさせないということはとても重要なのです。

例えば赤くなってしまった日焼け肌は炎症(軽い火傷)を起こしている状態ですから、その状態で光やフラッシュを照射すると強い炎症や痒みなどを引き起こしかねません。既に黒く定着している日焼け肌はもっと危険です。

光やフラッシュは黒色に反応するため、むだ毛だけでなく肌全体に反応し、肌が炎症を起こしたり、シミになったり、むだ毛以外に反応することで脱毛の効果が薄れたりするのです。そのため、日焼けしやすい春夏は脱毛をスタートさせても効果がでにくい、施術回数が増える、肌トラブルの被害がでた、といった報告がよくあるのです。

理由その2:保湿を心がけやすい

同じく春夏は日焼けをする、しないに関わらず、紫外線量が増えたり、肌を露出しているので、肌が乾燥しやすい状態になっています。実は肌の乾燥も脱毛にはNGです。肌が乾燥した状態で脱毛施術をすると、その光が肌に対して過剰な刺激となり、せっかく施術をしても毛が自然に抜け落ちるのを邪魔したり、毛穴の炎症を引き起こしたり、最悪シミの原因にもなりかねません。

つまり潤いが十分あり、ハリと弾力のある美肌の状態で脱毛施術を受けるのと、乾燥して荒れていたり、小さいシミや日焼けがあるお疲れ肌の状態で施術を受けるのでは、効果に大きな差が出るのです。

もちろん脱毛の効果が出やすく、より少ない施術回数で済むのは明らかに前者の「美肌」のほうです。秋冬は紫外線が少なくなるため、誰もが春夏より美肌を育みやすい状態になります。また、外気は乾燥に傾きますが、そのため春夏より保湿ケアに力が入ります。

実際ボディクリームやハンドクリームも春夏より秋冬に売れています。保湿は通年怠ってはいけないケアの1つですし、実は夏も肌の乾燥のリスクは高いのですが、汗や皮脂で気づきにくくなっています。

一方、秋冬は外気が乾燥しているため、肌の乾燥に気づきやすく、より念入りに保湿を行うようになります。特にボディは夏と違って洋服や手袋などで露出から肌が守られます。つまり、きちんと保湿ケアされ外気にさらされることのない肌は守られ、美肌を保ちやすい状態になっているのです。

脱毛の効果を上げるには美肌作りが鍵

脱毛サロンに行くと誰もが極力少ない回数で施術を終わらせたいと思うはずです。そのためにできることは、実は美肌を育むことなのです。脱毛を始めると決意したのであれば、何よりも美肌作りに取り組みましょう。

まずはお風呂上がりにたっぷり化粧水をつけるだけでなく、浸透させた水分が逃げないように、油分を含む乳液やクリームを使って必ずカバーすること。体を洗う時にもゴシゴシとこすらず、たっぷりの泡で包むように洗うこと。熱いお風呂やシャワーも厳禁です。

この2つは肌の潤い成分を一気に奪います。お風呂やシャワーの温度はぬるめにして、肌の潤いを不要に取り除かないこと。栄養のある食事と十分な睡眠を心がけて、肌のターンオーバーを整えること。このような努力が脱毛の効果を高めるためにも必要なのです。

ちなみに、皆さんの体のなかで一番美肌が保たれているのはどのパーツだと思いますか? 実は多くの人が「お尻」です。摩擦や露出などの刺激が少ないので、もちろん「日焼け」「乾燥」といったトラブルも起きにくいですし「洗い過ぎ」「過剰なケア」といったトラブルもあまり起こりません。さらにいつもショーツに守られているので、多くの人はお尻が一番美肌なのです。

全身がプルンとした美肌であれば、脱毛の効果も早く現れます。秋冬こそ、そのような美肌が育みやすい季節ですから、美肌作りと脱毛を並行してはじめてみてはいかがでしょうか。