ボディ・ブラッシュ・アップ

健康大陸.com > BODY BRUSH UP > 上弦の月・下弦の月の期間の過ごし方

人が月から大きな影響を受けていること、特に女性の美容と健康に大きく関わっていることについてはすでにご紹介した通りです。ここでは、 新月を起点に満月へと向かう上弦の月、そして満月から新月へと向かう下弦の月の過ごし方についてご紹介します。

上弦の月(次第に満ちていく月)

月は29.5日(約28日)という時間をかけて満ち欠けを繰り返しています。月の始まりを新月とすると、新月の日、月は月の真裏から太陽に照らされているので、地球からは影になっていて見ることができません。

しかし日を追うごとに月は柔らかく膨らみ、14日後に満月となります。そして満月を境に、その後日ごとに細く欠けていき新月に戻っていきます。

それでは、女性の美容と健康と満ちていく月、つまり「上弦の月」との関係を少し踏み込んでご紹介しましょう。

上弦の月の体の変化

【 新月 】
スタートでありフィニッシュでもあります。始まりと終わりの象徴です。満月の時と同様引力がとても強い日です。しかしその引力は満月とは真逆の方向に働きます。例えば人の出生率は満月の日に高くなりますが、新月の日は非常に低くなります。

新月の日はエネルギーがとても強く、なかでも私たちの体のデトックス力(排泄の力)が最大に高まるといわれます。排泄に関わることをするのが最も適した日です。

ボディ……スクラブ、ホットヨガ、脱毛、あかすり、リンパドレナージュ
入浴……半身浴、サウナ
髪の毛……へアカット、カラーリング、パーマ
食事……ファスティング
その他……種まき、願い事、禁酒や禁煙のスタート、何かあたらしい行動をスタートさせる、掃除
お医者さんのなかには、手術はできるだけ新月の日を希望するという人もいるそうです。これは新月の日は出血量が少なくてすむからだといわれます。

【 新月から上弦の月
新月から満月へと満ちていく期間は、その月と同様、吸収が日に日に高まります。そのためダイエットには不向きの期間です。しかし体に筋肉をつけたい、女性らしいボディラインを作りたいという場合には下弦の月の期間よりもずっと適しています。

さらに、この日を境に私たちは満月に向かって非常にアクティブに過ごすことができます。この14日間はいろいろなことを吸収することにも適していますから、例えばスキンケアでも美容液などの栄養素がたっぷりはいったものを取り入れたり、食事では普段足りていない栄養素を補うためにサプリメントを取り入れるのも良いでしょう。

【 三日月 】
吸収のパワーがどんどんアップしています。そのため栄養面には気を配りましょう。女性ホルモンを高めてくれるような食事をすると満月に生理を迎えやすくなります。ただしこの日(半月の日)は月の引力が最も弱くなります。神経が休まり、穏やかで落ち着いた気持ちになりますが、一方で交通事故が多い日ともいわれるので、いつもより気を引き締める必要があります。

上弦の月の期間の過ごし方

【 生理 】
月の満ち欠けを意識した生活をしていると、多くの女性は満月に生理の初日を迎えやすいといわれます。もし偶然であっても次の生理が満月前後に当たるのであれば、三日月を境に満月までの7日間は女性にとって少し辛い時期になるかもしれません。満月に向かう14日間のキーワードは「吸収」「アクティブ」。このキーワードの通り、生理の準備のため、いつもより食べていないのに体重が増えたり、足がむくんだりしやすくもなります。

またアクティブな分、ちょっと体調が優れないだけで、いつも以上にイライラしたり……。アクティブ期であることに間違いありませんが、生理前の1週間である人はここから1週間は「外に向かう」のではなく「内に向かって」積極的に取り組みましょう。例えばスキンケアや映画鑑賞、読書といった行為もこの時期に生理前なら適しています。あなたを穏やかで豊かな気持ちにさせてくれるでしょう。

【 食事 】
フルーツはたっぷり摂りましょう。いつも不足しがちなビタミンやミネラルもこの時期に積極的に補っておきます。特にオススメはザクロと大豆。植物の女性ホルモンともいわれるエストロゲンが豊富に含まれています。美肌、美髪、そしてアンチエイジングにも効果的な植物です。ローズヒップなどのビタミンが豊富に含まれるハーブティもオススメです。

食事の主食は玄米や全粒粉のパンなどの微量栄養素が豊富に含まれるものを選びましょう。ただし、不要な炭水化物、糖質、脂質はできるだけカットし、余計な脂肪がつかないように配慮しましょう。一方で赤身のお肉や魚介の良質なたんぱく質はしっかりと補ってOKです。

満月を迎える1週間前は特に太りやすくなる時期です。生理前なら拍車をかけます。そのため寝る3時間前から食べない、よく噛んで食べる、ということを心がけましょう。

【 運動 】
運動は軽いダンベルなどを利用したレジスタンス運動や筋肉トレーニングのようなものを行います。軽い負荷をかけることで筋肉を引き締め強くしましょう。メリハリのあるボディラインには筋肉が必要です。

スクワットは特にオススメ。下半身を強化するだけでなく、全身の筋肉の70%を占めるといわれる下半身の筋肉を集中的に動かすことで速やかに代謝を上げることができます。太りやすい時期だからこそ減量は望まず、体重は「維持」を心がけましょう。

また心身ともにアクティブに動ける時期ですから「食べて動く」をモットーに楽しく過ごしましょう。満月を迎える1週間前頃が生理前であると、次第に筋トレをする気持ちになれないかもしれません。その場合オススメなのがヨガ。血流を促進させるので、気になるむくみの解消にも効果的です。

【 美容 】
とにかく「吸収」をキーワードに。例えば剥がすタイプのパックより、潤すタイプのパックのほうが適した時期です。スキンケアではいつもより保湿力のある化粧水や乳液を使う、普段は使わない人もこの時期は美容液を取り入れるといった具合です。美白ケアもこの時期はとても適しています。

ヘアケアについては、新月の日にパーマやカラーをすると持ちがよくなるといわれますが、このアクティブ期であれば基本いつでもOK。抜け毛が気になる方はこの時期に集中的にトリートメントや栄養剤の導入を行いましょう。パサつきが気になる方もしっとりさせる効果のあるパックなどを使ってみましょう。

【 その他 】
特に新月の翌日から三日月までは旅行、飲み会、デートといったアティブなことも存分に楽しめる時期です。いろいろな人との交流で有益な情報も得やすくなります。最もオススメなのは語学の学習や楽器の修得、仕事においても企画を練ったり、チームで大きなプロジェクトに取り組むこともオススメです。

上弦の月の14日間をどのように過ごせばよいか、イメージはできたでしょうか?きっとアクティブに楽しく過ごせるイメージが湧いたはずです。しかし人間、走りっぱなしでは疲れます。満月を境にスローダウンをはかりましょう。


髪や肌の
手入れ
満ちていく(上弦)月の期間 吸収力が高まるため、髪や肌に栄養成分やクリームなどを吸収させたい場合に適しています。

毛髪ケアならこちら:【毛髪ケア】艶のある、しなやかな髪のために >

ダイエット
断食
欠けていく(下弦)月の期間 老廃物の排泄や浄化力が高まるため、ダイエットや断食に適しています。

脱 毛
欠けていく(下弦)月の期間 イボやアザ取り、吹き出物の治療、脱毛やシミ取りに適しています。

脱毛ケアならこちら:【脱毛ケア】今月のキャンペーン比較 >


下弦の月(次第に欠けていく月)

アクティブに過ごした毎日が満月をピークに折り返します。この14日間行ってきた取り組みが何かしら実を結ぶような状態になっているかもしれません。お肌が潤ってきた、髪に艶が戻って来た、体調が良い、体が引き締まってきた、蒔いた種が芽を出した……。何か良い変化が起こっていればあなたは月のパワーを上手に味方にしているといえるでしょう。

しかし焦ってはいけません。物事はそんなに簡単ではありません。もう少し時間をかける必要があります。またどんなことも表と裏がセットになっています。太陽と月、新月と満月、男性と女性、右と左……このペアを融合させることではじめてバランスが取れるのです。上弦の月は「吸収」「アクティブ」でしたが、下弦の月の14日間のテーマは「デトックス」「静けさ」です。このテーマで後半の14日間を過ごすことで、月のパワーを完全に味方にしましょう。

下弦の月の体の変化

【 満月 】
満月の日。満月は最も吸収が高まる日です。昔から人は満月の日に生まれ、新月の日に息を引き取ることが多いとさえいわれます。実際、満月前後の出産は他と比べて1割ほど多いというデータもあるのです。しかしこの日はいろいろなことが過剰になりがちです。例えばお酒を飲み過ぎる、余計なことをいってしまう、おしゃべりし過ぎる、喧嘩をしてしまう、といった具合です。

いつもより出血量が増えるともいわれますから、この日に生理や出産を迎える女性はそれ以外の日よりも多いのです。あるヨガの流派ではムーンデイといって満月と新月の日にヨガの練習をすることを禁じています。

それはやはり怪我が多くなり、練習そのものが過剰になりやすいからとされます。また植物においてもおなじように吸収力の高い日。この日にカットしたお花や収穫した野菜はすぐに枯れてしまうとさえいわれているのです。では具体的に満月の日はどんなことをすればいいのでしょうか?

ボディ……ダイエットをスタートするなら今日から。吸収させたい美容液を使うのは今日まで。
入浴……肌を潤す効果のある入浴剤などを使用
食事……好きな物をきちんと味わっていただく
その他……ポジティブな会話はOKだけどネガティブな会話や発言は避ける。

【 満月から下弦の月 】
満月から新月へと欠けていく時期は、その月と同様、排泄の力が日に日に高まります。この時期にダイエットをするといつもよりスムーズに減量に成功できるでしょう。さらに満月の日を境に、次の新月まで私たちは高揚していた気持ちを抑え、落ち着いて過ごせるようになります。心も身体も前半で吸収したものから不要なものはデトックスさせ、リラックスした気持ちで今の自分を見つめる時間にあてましょう。

日記をつける、瞑想をするといった内省に時間をあてると、心がより軽くなるはずです。スマートフォンやSNSに触れる時間も極力減らしましょう。仕事ではできるのであれば定刻に切り上げ、あるいは思い切って有給を消化しても良いかもしれません。自分のために過ごす時間はとても大切です。

【 欠ける三日月 】
デトックスの力がますます高まります。満月から生理がはじまった方は、ようやく生理が完全に終わり、心身ともに軽く生まれかわったような感覚で過ごせるはずです。生理の時にはスキンケアはベーシックケアがオススメです。前半のスキンケアから美容液を抜く、過度な栄養補給をやめる、という程度で十分です。

というのも生理の期間は肌が敏感になりやすく、トラブルが起こりやすいから。満月から欠ける三日月までが生理でなかったという人もスキンケアは前半より引き算して行うほうが、排泄の期間との相乗効果を期待できます。

下弦の月の過ごし方

【 生理 】
満月に生理を迎えた方は出血量が初日から多くなってしまうことがあるようですが、そのぶん短期間で生理を終えられるという説もあります。月が欠けていくのと同様に、少しだけエネルギーも下向きになりがちです。生理と重なれば気持ちも沈むかもしれません。しかし1ヶ月に1度のデトックスの期間と割り切って心穏やかに過ごしましょう。

【 食事 】
ダイエットをしている人はこの時期ならストレス無く食事量を減らせるはず。野菜を中心にしたり、量をいつもの2/3くらいにしたり、間食をやめるという程度でも十分効果が得られるはずです。できるだけ素材の良さが引き立つシンプルな食事を心掛けることで、内臓をキレイにしましょう。

また刺激物を避けることもポイント。オススメの食材はドライフルーツ、シリアル、豆乳、糠漬け、スムージー、お刺身など。オーガニックの食事をする、週に半分くらいはセミベジタリアンで過ごしてみる、朝食を軽くして朝のプチ断食をするといった方法もオススメです。

【 運動 】
汗をかく運動が望ましいです。ウォーキングやジョギング、エアロバイクや水泳など疲れることなくすっきり感が味わえる有酸素運動が特に適しています。ほかにもサウナや岩盤浴、ホットヨガなども良いでしょう。全身の細胞から毒素を抜くつもりで、とにかく一日1回は汗をかきたいものです。

気分が沈みがちな満月からの7日間は有酸素運動の気分になれないかもしれません。生理と重なるとなおさらです。その場合はヨガやストレッチがオススメ。まったく動かないよりも気分がリフレッシュされ体も心も軽くなりますよ。

【 美容 】
とにかく「デトックス」がキーワード。栄養吸収系のものより、剥がすタイプのパックや汚れを吸着する泥パックなどがオススメです。過度に保湿したり栄養を与えても吸収力が高くありません。むしろピーリングで古い角質を取り除いたり、拭き取るタイプの化粧水でケアしたりしましょう。

脱毛するのもこの時期がおすすめ(ただし生理の日は避ける)。頭皮の汚れを取り除くために、ヘッドスパやスカルプケアをするのもオススメです。マッサージやエステでデトックスすることもオススメです。

【 その他 】
前半の14日間でアクティブに過ごせたあなたは、後半の14日間を静かに過ごすことがとても心地良く感じるはず。前半に集中して何かを覚えたなら後半はそれを定着させることに当てる。いろいろな人と交流したなら、すこし一人の時間を楽しんでみる。といった具合でバランスをとっていきましょう。

下弦の月の14日間をどのように過ごせば良いか、イメージはできたでしょうか?欠けていく月のように自分をリセットさせていくイメージが湧いたはずです。これで新月に戻ればそのデトックス効果は最高に高まります。そして新たな満月に向かってパワーアップしていけばよいのです。この月のリズムのようにバランスを保ちながら成長していくことが理想的です。


2016年8月 ムーンダイアリー
(※身体影響は明確な医学的根拠に基づくものではなく、体験的伝承によるものです)

7/21〜8/2
欠けていく(下弦)月
「排泄」や「解毒」の作用が高まる。新月に近づくにつれ、さらにその作用は高まる。出血も少なく、手術に適している。回復が早く、傷跡も残りにくい。
8/3
「排泄」や「解毒」の作用が強まる。浄化力が高まり、病気を予防しやすくなる。
8/4〜17
満ちていく(上弦)月
日光やビタミン・ミネラルなどの吸収が高まる(ただし、薬剤やアルコールなども同様)。満月に近づくにつれさらに吸収が高まる。太りやすく、むくみやすくなる。
8/18
あらゆるもの(身体に悪いものも)をよく吸収する。出血がひどくなるため、手術は適さない。満月を過ぎた頃からダイエットを開始すると効果的。
8/19〜8/31
欠けていく(下弦)月
「排泄」や「解毒」の作用が高まる。新月に近づくにつれ、さらにその作用は高まる。出血も少なく、手術に適している。回復が早く、傷跡も残りにくい。


※ムーンダイアリーは月齢カレンダーを基づいて作成しています。正確な時間については月齢カレンダーをご覧ください。



2016年:ムーンダイアリー

2017年:ムーンダイアリー

2018年:ムーンダイアリー



美女ダイエット&メソッド:
その@ 美女と穀物の関係〜世界の美女は白いものを食べていない
そのA 月のリズムで美女になる〜月が導く「排泄・浄化」に最適な期間
そのB 美女を創る「時間美容学」〜朝の過ごし方が決め手
そのC ヨガで若返り〜3つのポイント、若返りのポーズ